結婚式場や少人数結婚式など結婚を最高の瞬間にする方法

気持ちを伝える方法

祝電を便利で快適に利用しよう

みなさんは結婚式用の祝電を贈ったことはありますか。 どうしても都合がつかず結婚式に参加できない場合や、結婚式に参列するほど新郎新婦と親しくはないが、 お祝いの言葉を贈りたい際には祝電を利用するといいでしょう。 サービスを利用するには通常の電報と同様電話で申し込みできます。 最近ではインターネットからの申し込みもでき、電話よりも手軽に利用できます。 またインターネットから行う方が料金割引があり、祝電の内容や台紙のデザインを直接見ながら選ぶことができるので便利です。 また結婚式の場合は日時があらかじめ決まっているので、早めに祝電を贈れば早期割引が適用されます。 これらを覚えておくと快適でお得にサービスを利用できます。

結婚式用電報の相場と料金体系

結婚式の祝電はその内容や贈る相手との関係にもよりますが、3000円から5000円が相場だと言われています。 祝電の料金体系は以下のようになっています。 台紙本体の料金とメッセージ料金の合計額でが基本ですが、文字の書体を特別なものにすると別途料金が発生します。 台紙もお手頃価格のシンプルなものから、プリザーブドフラワーやキャラクターのぬいぐるみがセットになった豪華なものまで種類が豊富なので、どれを選ぶかで価格は変わります。 それからメッセージ料金は文字数が多くなればなるほど値段も高くなるという仕組みなので、予算に応じて考えるといいでしょう。もしよいメッセージが思い浮かばない時は、よく使われている文例のサービスがあるのでそちらを利用しましょう。